DHCPが使えない環境でのゼロタッチプロビジョニング

16.3までのゼロタッチプロビジョニングの前提条件

Viptelaが提供するゼロタッチプロビジョニングは、電源ケーブルとLANケーブルを挿すだけで作業が完了する、完了なゼロタッチプロビジョニングです。現場でラップトップを内蔵Wifiに接続してeメールでのアクティベーション作業を実施したり、機器それぞれに異なるUSBメモリを事前配布したりといったミスにつながりかねない作業を必要としません。

しかしながら、従来のゼロタッチプロビジョニングは、DHCPもしくはLTEのデフォルトプロファイルに依存して動作していました。つまり、DHCPIPアドレスとDNSサーバが取得できるか、LTE対応のvEdge-100mデフォルトプロファイル(現在日本では、OCN Mobile Oneのlte-d.ocn.ne.jpのAPNに接続するmobileid@ocnアカウント)に対応するSIMを挿している場合にのみゼロタッチプロビジョニングが可能でした。

17.1で新たに静的IPでの閉域網への接続などもサポート

2017年4月にリリースされた17.1.0では、ゼロタッチプロビジョニングに大きな機能追加がありました。これにより、DHCPではIPアドレスやDNSサーバが取得できない環境でも、環境に合わせてネットワークの接続性を確保し、ゼロタッチプロビジョニングを行うようになります。特に、MPLSなどの閉域網につながり、本来はIPアドレスとBGPを静的に設定する必要がある環境でも、ゼロタッチプロビジョニングによる自動設定が可能となります。

具体的な動作の説明は割愛させていただきますが、ご興味をお持ちいただいた方は、是非ask@sd-wan.jpまでお問い合わせください。

なお、17.1においても、PPPoEを必要とする回線のみの環境では完全なゼロタッチプロビジョニングは実現できません。しかしながら、閉域網との回線二重化が行われている拠点や、LTEも利用する拠点では、それらの回線を使ってゼロタッチプロビジョニングすることで、PPPoEの設定もvEdgeにプッシュされます。このため、日本においてもゼロタッチプロビジョニングを使った展開がかなり現実的になったのではないかと期待しています。

PPPoEを必要とする回線のみの環境では、事前にPPPoE用の最低限の設定を投入する事で、それ以降のプロセスはゼロタッチプロビジョニングを使用することができます。正式名称ではありませんが、ワンタッチプロビジョニングなどと呼んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です