日本でのViptela SD-WAN本番環境導入事例

日々SD-WANのご紹介をしている中で、最も多くいただくご質問のひとつが本番環境での導入実績です。2017年7月時点で、米国のFortune 500のうちの40社に導入されるなど、ViptelaのSD-WANソリューションは海外企業の本番導入実績が豊富にあります。また、日本の企業様でも2017年に入ってから本番商用環境での導入が急速に伸びています。

まだ数は多くありませんが、ViptelaのSD-WANソリューションの導入についてWeb上で確認できる情報をご紹介したいと思います。

まずは、ITproに掲載されている、日本の大手製造業企業様がViptelaのSD-WANソリューションを100拠点で国内展開されたという記事です。現時点で、国内企業でのSD-WANの最大規模の導入事例だと考えています。

リンク – ITpro『本邦初の大規模SD-WANユーザーがついに登場?』

続いて、東京大学 情報基盤センター様です。弊社パートナーの日商エレクトロニクスさんがユーザ事例として詳細を公開されていらっしゃいます。

リンク – 東京大学情報基盤センター様ケーススタディ

Interop Tokyo 2017の基調講演では、同センターの関谷勇司先生にご登壇いただき、学内でのViptelaの導入事例を具体的にご紹介いただきました。

弊社の進藤が国内外の本番導入事例をまとめたスライドも下記からご覧いただけます。上記2件以外の国内企業様の事例も記載しています。

リンク – Slideshare『Viptela 導入事例』

国内での本番環境での導入は、当初、製造業のお客様が比較的多い印象でしたが、最近では商社や金融機関での導入も増えつつあります。今後、様々な事例をご紹介できるようになっていくのではと期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です