Viptelaユーザー事例:First America

First Americaは米国カリフォルニア州に本社をおき、100年以上の歴史をもつ金融業界の会社です。日本では馴染みが薄いですが、中古住宅の個人売買などがさかんな米国では、売買時に売主が本当にその物件に権利を有していることを調査し保証するTitle Insuranceが使われることが一般的です。First Americaはこの分野の米国最大手で、今では様々なサービスを世界30カ国以上で展開しています。

WANの課題

First AmericaWANは2002年に設計されてから最近まで、データセンターや大規模拠点ではMPLSを2回線、小規模拠点ではMPLSを1回線利用するというシンプルなものでした。しかしながら、コンテンツリッチなアプリケーションやマルチメディアトラフィック、さらには、SaaS利用の拡大により、慢性的な帯域幅の枯渇が大きな問題となってきました。くわえて、顧客の期待する業務の迅速性がますなか、MPLSを1回線しか契約していない拠点で、ネットワークや電話のダウンタイムも問題になってきました。このような課題を、従来のアーキテクチャのまま解消しようと考えた場合にかかるコストは、受け入れがたいものでした。

Viptela SD-WANの検討

そこで、First Americaは、2013年から次世代WANのアーキテクチャを決める作業を開始しました。その中で、新しい技術であるSD-WANも主要な選択肢として検討され、詳細な検証をふまえて、最終的にViptelaのSD-WANソリューションが採用されました。

検討の際にFirst Ameicaが特に重視したSD-WAN機能は以下でした。

  • MPLS回線とインターネット回線をアクティブアクティブで使用し、障害時には相互にフェイルオーバーできること
  • 回線の種類を問わず必要な機能が全て利用できること
  • 音声はフルメッシュ、それ以外のトラフィックはハブアンドスポークのトポロジーを構築できること
  • アプリケーションや組織の単位でWANを論理的に分割できること
  • ネットワーク遅延やダウンタイムを可視化し、それによってトラフィックのパス制御ができること
  • ゼロタッチプロビジョニングや、リモートでのソフトウェアバージョンアップが想定の環境で適切に使えること

また、First Americaは、SD-WAN機能だけでなく、ネットワーク機器として既存の環境にシームレスに導入できるかどうかについても詳細に検討を行いました。Viptelaはルータ機器としても下記のような必要な要件を満たすことができました。

  • MPLS回線とのeBGP接続が従来通りできること
  • データセンター内の既存ルーターとのiBGP接続が従来通りできること
  • 音声を中心とするQoSとポリシー制御が適切に動作すること
  • 従来使用していたCisco ISRで利用している機能 (NAT, QoS, ACLなど) を移行できること

SD-WAN導入効果

First Americaは、ViptelaのSD-WANソリューションを導入することで、コストを抑えながら帯域幅と可用性の問題を解消し、企業内のユーザエクスペリエンスを大きく向上することができたと言います。また、WAN全体の回線やアプリケーション使用状況の可視化や、テンプレートによる機器設定の一元管理も、ネットワーク管理の観点で非常に大きなメリットがありました。

Viptela vAnalyticsでキャリアごとのネットワーク遅延などを確認

First Americaの導入事例については、Viptela社のサイト(英語)でもご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です