今日のWANが抱える問題点

一般的に異なる地点間を結ぶネットワークはWide Area Network(WAN)と呼ばれます。例えば企業の拠点間や学校のキャンパス間を結ぶネットワークはWANということになります。当初WANは専用線やフレームリレーで構築されるのが一般的でしたが、それらは徐々にMPLS VPNや広域イーサーネットサービスなどに置き換えれらていきました。

従来のWANが抱える課題

当初はさほど大きな問題はなかったWANですが、ネットワークがビジネス上不可欠なツールとなり、拠点数が数千〜数万になることも珍しくなくなってくると、拠点開設にかかる時間がビジネスが求める俊敏性に応えられなくなってきました。また、世の中のグローバル化に伴い、拠点は国内だけはなく海外にも展開されるようになり、回線費用や回線品質などが問題になってきました。広帯域を必要とするアプリケーション(ビデオなど)を使うニーズも増えてきましたが、狭帯域な従来のWANでそれを実行するのは非現実的でした。

クラウドとSaaSがネットワークを変える?

そこに追い打ちをかけたがのが近年のパブリッククラウドやSaaSの台頭です。これらのサービスは全てインターネット上にあるわけですが、WANからインターネットへ抜ける道は通常データセンタなど一箇所に限られることが多いため、パブリッククラウドやSaaS向きのトラフィックでデータセンタのインターネット回線が輻輳してしまったり、プロキシーの性能が足らずアプリケーションが思ったように動作しない、などといった問題が顕在化してきました。Office 365の使用は爆発的に伸びています。今後もこのようなクラウドベースのアプリケーションがどんどんと出てくると考えられます。

SD-WANはクラウド時代のWAN

これらの課題を解決するために生まれてきたのがSD-WAN(Softwre Defined WAN)という技術です。回線コストの削減と広帯域化を図るために、従来のMPLS回線に加えインターネットを活用します。ただし、信頼性保証のないインターネットだけでは今日のビジネス要件に応えることはできないので、複数ある回線の品質をモニターしながらSLAを満たす回線のみを使えるような機能が提供されています。また、ゼロタッチプロビジョニングと呼ばれる機能を持ち、簡単に拠点のネットワークを立ち上げることができます。特定のアプリケーションのトラフィックだけ拠点から直接インターネットに抜けるようにして、高価なMPLS回線の使用を抑え、クラウドやSaaSアプリケーションに最適化されたネットワークを提供することができるので、まさに「クラウド時代のWAN」ということができるでしょう。

本Blogでは、SD-WAN分野リーディングカンパニーで、SD-WANの市場を牽引してきたViptelaのソリューションに関する情報を提供していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です