Viptela SD-WANソリューションの基本用語

明日からViptelaのSD-WANソリューションの具体的なユースケースをご紹介していきます。その前に、今日はViptelaの詳細をご紹介する際によくご質問をいただくViptela独自の用語について簡単にご説明したいと思います。

トランスポートサイド/サービスサイド

ViptelaのSD-WANソリューションでは、vEdgeのWAN側をトランスポートサイド、LAN側をサービスサイドと呼んで区別します。トランスポートサイドに設定されたインターフェースでは、コントローラーとのDTLS/TLSトンネル(コントロールコネクション)やvEdge同士のIPsecトンネルが構成されます。サービスサイドに設定されたインターフェースから受信したトラフィックは、トランスポートサイドのインターフェースからIPsecトンネルを通って、他サイトのvEdgeに運ばれます。

VPN (Virtual Private Network)

ViptelaのSD-WANソリューションにおいて、VPNは論理的に分離されたルーティングドメインを意味しています。トランスポートサイドの物理ネットワーク(WAN)と、サービスサイドのトラフィックを通すオーバーレイネットワークはルーティングドメインが異なります。このため、トランスポートサイドネットワークはVPN 0として区別されます。また、アウトオブバンドの管理ネットワークにはVPN 512が割り当てられています。サービスサイドのネットワークには0および512以外の任意の番号(1〜65530)を割り当てます。セグメンテーション機能を使用する場合、各セグメントにユニークなVPN番号を割り当てます。

VPNの識別にはIPsecカプセル化の際に付与されるラベルが使われます。このため、VPN(セグメント)を複数定義しても、vEdge間のIPsecトンネルは送受信で1対で変わりません。「VPN = IPsecトンネル」ではないことに注意が必要です。

Overlay Management Protocol (OMP)

vEdgeとコントローラーの間には、DTLSもしくはTLSで暗号化されたコントロールプレーンが構成されます。このコントロールプレーンの中ではSNMPやNetconfといったプロトコルのほかに、OMPと呼ばれるViptela独自のプロトコルが使われ、非常に重要な役割をはたしています。「Viptelaのアーキテクチャ」の回にもあったように、vSmartの主要な役割は、経路情報と暗号化鍵の配布、およびポリシーの配布です。OMPはこの経路情報や暗号化鍵、およびポリシーの配布を行うために開発された、BGPを拡張した独自のルーティングプロトコルです。OMPによって、ViptelaのSD-WANソリューションはポリシーによるトポロジーや経路の柔軟な制御と非常に高いスケーラビリティを実現しています。

ポリシー

ポリシーはオーバーレイネットワーク上でのvEdge間でのトラフィックのフローを柔軟に制御するための仕組みです。ViptelaのSD-WANソリューションは、コントロールプレーンとデータプレーンを完全に分離しており、ポリシーもそれぞれに対して適用することができます。コントロールプレーンに対して適用するポリシーでは、OMPで学習もしくは配布される経路情報を制御し、トポロジーを変化させたり、サービスチェイニングを実装できます。データプレーンに対して適用するポリシーでは、IPヘッダなどにもとづいて、各vEdge上でのトラフィックの扱いを制御できます。ポリシーの詳細については、今後くわしくご紹介していきたいと思います。

Site ID

Site IDはViptela SD-WANソリューションのオーバーレイネットワークの中で、物理的なロケーションを識別するための識別子です。同一のデータセンターや支店などのロケーションに複数のvEdgeを配置する場合、それらのvEdgeには同じSite IDを割り当てます。デフォルトの設定では、Site IDが異なるvEdge間のみIPsecトンネルが形成され、同一のSite IDのvEdge間では形成されません。通常、同一の物理ロケーションに複数のvEdgeを配置するのは、冗長化や負荷分散のためであり、vEdge同士でユーザデータをやり取りする目的ではないためです。Site IDは、ポリシーの定義や適用の際にも使われ、同一のポリシーを簡単に複数のvEdgeに関連づけることができます。

System IP Address

System IP Address(以下System IP)はIPv4アドレスの形式をした識別子で、vEdgeルータや、vSmart、vBondに必ず1つ割り当てられます。IPv4アドレス形式ですが、実際にそのノードに外部から疎通可能なIPアドレスである必要性はありません。Viptela SD-WANのオーバーレイの中で一意である必要があり、1.1.<site-id>.<siteの中での一意の番号>といった命名規則がよく使われます。

いったんコントロールプレーンが形成されると、System IPでのもともとのIP到達性の有無によらず、System IPはコントロールプレーン上で相互に疎通可能になります。実際にコントロールプレーンの通信はこのSystem IPを使って行われ、物理ネットワークのIPアドレス等が変更になった場合の影響が最小化されています。

Color

ColorはvEdgeルータがもつ複数のWAN回線(トランスポート)を識別するためのラベルです。mplsやmetro-ethernet、biz-internetといったサービス品目にもとづく名称や、gold、silver、bronzeといったサービスレベルにもとづく名称など、あらかじめ使えるラベルが決められていて、WAN回線につながる物理ポートの設定の中で指定します。

Colorは、vEdgeがもつ複数のIPsecトンネルを識別する際などに使われます。ge0/4のようなインターフェース名を使わず、抽象化したラベルであるColorを使うことで、設定やポリシーの定義の柔軟性や管理性を高めています。例えば、音声トラフィックはmplsというColorが指定されたWAN回線を優先的に使用するというポリシーを定義した場合、各vEdgeの物理インターフェースの構成やIPアドレスを意識することなく、ポリシーをvEdgeに適用することができます。

Transport Location (TLOC)

TLOCはOMPの中で使われる概念で、BGPにおけるNext Hopに相当しますが、単純なIPアドレスではなく、System IPとColorの組み合わせで表現します。物理インターフェースのIPアドレスではなくSystem IPを使うため、WAN回線につながる物理インターフェースにDHCPのようにIPアドレスの変更がある場合でも、影響をうけません。また、ViptelaのSD-WANソリューションでは、あるvEdgeにデータを送る場合に、複数のWAN回線(トランスポート)があれば、ECMPやポリシーによって、それらのWAN回線をアクティブ・アクティブで適切に使い分けます。このため、Colorを組み合わせることで、宛先vEdgeだけでなく経由するWAN回線もNext Hopとして特定できます。なお、厳密には、TLOCはSystem IPとColorに加えて、カプセル化方式によっても区別されますが、カプセル化方式は基本的にIPsecですので、ここでは無視して説明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です