Cloud Express:SaaS、クラウド環境をSD-WANで快適に

ViptelaのSD-WANソリューションは単にSD-WANを提供するだけにとどまりません。Viptelaが目指しているのは「クラウド/SaaSに最適化されたWANを提供する」ことです。「リージョナル/ローカルExit」もクラウド/SaaSに最適化されたネットワークを作るための一つの有効な方法であることは前回ご紹介しました。今回ご紹介する “Cloud Express” という機能は、単純なリージョナル/ローカルExitよりもさらにインテリジェントにSaaS/クラウドに最適化されたネットワークを提供することのできる機能で、Viptelaソリューションが持つ非常にユニークな機能の一つです。

課題はSaaS、クラウドへのラストマイル

「ユースケース:アプリケーション対応ルーティング」の回で説明した通り、vEdge間で張られているIPsecトンネルの中にBFDのパケットを流して、各トンネルの品質(遅延、ジッター、パケットロス率)を常に監視しています。フルメッシュなネットワークであればすべてのvEdgeの間でこれらを測定して各トンネルの品質を把握していますので、vEdgeのネットワーク内に関してはどのvEdge(例えばローカル、リージョナル、DC、など)Exitするのが最適であるのかを判断することができます。しかし、出口のvEdgeからSaaSサービスまでのネットワークの品質は分かりませんので、本当にどの出口からExitするのがいいのか判断をすることはできません。一般的にはローカルからExitする方が良好なパフォーマンスが得られる場合が多いと考えられますが、場合によってはDCから抜けた方が良い場合もあるかもしれないわけです。

Cloud ExpressでSaaS、クラウドをより快適に!

Cloud Expressはエンド〜エンドでSaaSアプリケーションの品質を監視します。具体的には、出口となるvEdgeからSaaSアプリケーションまでの遅延などをHTTP pingなどにより監視をして、vEdge内のネットワークの遅延と合計します。これによりSaaSアプリケーションにとって本当にどのExitポイントが最適なのかを判断し、それに基づいたポリシーを自動的に適用することにより、SaaSアプリケーションに最適なネットワークパフォーマンスを提供します。Cloud Expressは、まずはOffice 365、SharPoint、Salesforce.com、Dropbox、Box、WebExなど代表的なSaaSアプリケーションに対応します。

CloudXpress
Cloud ExpressはSaaS、クラウドアプリケーションに最適なパスを提供

Cloud Expressは2016年12月末リリース予定の16.3というソフトウェアリリースから利用可能になります。まだリリース前なので、具体的な画面などはソフトウェアがリリースされてから再度ご紹介をしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です